mini5G

2019年は5G元年と言われています。しばらくの間、通信業界の焦点となるのでしょう。
2年前、多くのテクノロジー企業が5Gで研究開発を行っていました。
国内の4キャリアも総務省より5Gの使用電波周波数を割り当てられ、2020年に完全に幕開けとなる予定です。

ZTEは5G関連の特許は1208件、世界第4位です、業界でもっとも早くから送受信の実験を重ねてきたメーカーです。
5Gの研究開発をしながら5G携帯電話の製造も積極的に取り組んでいます、今後も5Gに基づいたより良い経験の提供に努めていきます。
Nubia mini 5GはNubiaにとって最初の5Gの製品ですが、すでに成熟したZTEの技術が組まれています。

クアルコムSnapdragon 855プロセッサと外部モデムSDX50M、5Gベースバンドチップコアの構成で現在最も強力な5Gスマホです。

また、進化したETテンソル技術と独自開発NeoSmartのインテリジェントエンジンにより、ユーザーの習慣をインテリジェントに学習することで、

「使えば使うほど賢くなる」端末に仕上げました。
クアルコムSnapdragon 855の新しいテンソル処理ユニットにより、Nubia mini 5GはシステムレベルのAIアクセラレーションにおいても驚異的な改善を達成し、
AIパフォーマンスはこれまでの3倍に達しました。

また、Nubia mini 5Gもカメラの機能が大幅に改善されており、
リアカメラは現在の主力製品のハイエンドレベルに到達し、最大4800万画素であり、800万画素フロントカメラ、5G時代、ビデオ通話も頻繁に行われるでしょう。
Nubiaはカメラのハードウェアを大幅に改良し、ビデオ通話の準備をしているようです。

現在はすでにChina Unicomに端末を納入し、実際に5Gの受信ができました。

スマホに関するNubiaの特許は2,827件で中国ではHUAWEIの次となり、世界でも第9位と、非常に開発能力の高いメーカーです。